Marketing

マーケティング情報

ランディングページ制作の際に絶対に抑えておきたい重要ポイント

ランディングページの重要ポイント

ランディングページ制作の重要性

ランディングページ

重要性と成功のポイント

まず、ランディングページについてどこまで重要か

あまり理解されていない方のために説明します。

 

ランディングページとは

1ページでサービス概要がわかりオーダーまでできる

(もしくはオーダーへのリンクがある)

縦に長いページのこと

なぜ重要か

 

それは

グーグル広告等でランディングページに集客した見込み客に

サービス概要から申込みまで短時間で説明できるからというのが一つ

サイトの各ページをじっくりみて申込みしてくれる人は限られています。

短時間で説得できるランディングページは有効です。

 

次に

自分で作成した記事からランディングページへのリンクを張れる

自分で作成した記事(お困り解決記事など)は何のために作るのか

当然間接的にオーダーにつなげるためです。

記事にリンクを貼り関連するサービスのランディンページに飛べれば

より成約確率を上げることができます。

ランディングページがなければ、記事を見て興味を持ってくれた人が

各ページを吟味しないとサービス申込みに至りません。

ランディングページがあればそのページへのリンクだけあれば、申込みまで到達しやすくなります。

 

最後にトップページからランディングページへのリンクも有効です

ランディングページは基本的にグーグル広告などから直接アクセスしてもらうのが

基本かもしれませんが、トップページにリンクを貼っておけば

トップページに来た人に、ランディングページに誘導することもできる為

成約確率が上がります。

 

つまり、サービス概要やその他情報を簡潔に詰め込んだランディングページがあれば

短時間で見込み客はサービスを把握できるため、利便性が上がり

離脱されることなく、申込みに至る確率が上がります。

ランディングページがなければ、様々なページをリンクして

決断しなければいけないので、めんどくさいです。

 

また、以上の説明からもわかるように

ランディングページを作るだけがゴールではなく

広告運用でランディングページにアクセスさせたり

記事からリンクさせたり、トップページからリンクさせることで

はじめて成功と言えるでしょう。

ランディングページ制作の基本事項

ランディングページ制作にあたってはまず

どのような人向けに作るのか

何を訴求するのか

見た人にどうして欲しいのか

を明確にする必要があるでしょう。

 

どのような人を狙うか明確であれば

サイトの文面がその人向けに最適化されることはもちろん

広告のkey word 、広告文などもどのような内容にすれば反応が良さそうかも

考えることができます。

 

何を訴求するのかが明確になれば

制作するサイトの構成や、キャッチコピーなどが決まってきます。

 

どうして欲しいのかが明確であれば

申込みフォームの記載内容などもはっきりしてきます。

まずは、ここをしっかり検討して明確化させることが必要です。

 

マーケティングでよく言われるターゲッティングの重要性は

ターゲットの像が明確であるほど

その人にあった文言になる、ことが挙げられます。

 

ターゲットが50代以上の方であれば

文字は大きめにしたほうがいいな

とか

申込みフォームはできるだけ簡易にしよう

など、その人にあったものにカスタマイズされていきます。

ランディングページ制作の着眼点

ランディングページを作成するとなっても

何から考えたらいいか悩むところです。

以下に、考えるポイントを記載していきます。

 

①機能的な質

②訴求内容 内容がいいか/わかりやすいか

③デザインの質

 

①機能的な質

はランディングページのシステム的な完成度になります。

スマホ対応はしているのか、スマホで見たときに同じ画像を使用すると

小さすぎて見えにくいこともよくあります。

スマホ対応で作成するというのは、ただレスポンシブデザインであるだけでなく、

実際にスマホで見て、問題点がない状態にする必要があります。

表示速度も重要です

プロに制作依頼すると基本的に問題ないですが、画像をできるだけ軽くしないと

重たいサイトになってしまいます。かといって、むやみに画像のサイズを簡素にすれば

美しさや見易さが損なわれます。画像サイズは以外と重要性が高いです。

 

フォームの入力のしやすさも重要です。

肝心な申込みフォームの項目数が多すぎる

スマホだと小さすぎて入力しにくい

エラーメッセージが入力後にでる、など

利便性向上のための様々な改善ポイントがあります。

 

些細なことかもしれませんが、ちょっとした不便さが原因で

100件の申し込みが98件に減ってしまうかもしれません。

たった2件かもしれませんが、毎月発生するとなるとその損失は大きくなっていきます。

あとは

 

アコーデオンメニュー

コンテンツスライダー

グラフなどの動きのある表現

タブメニュー

など、

それぞれに使用するメリットがあるので

適切な場所で使用すると、よりわかりやすいランディングページになります。

 

②訴求内容 内容がいいか/わかりやすいか

これは、内容がきちんと揃っているかという観点と

その内容が見やすい、分かり易いか

という表現の面に分かれます。

まず、書くべき内容がきちんと揃っていなければなりません。

メリットはなんなのか

その根拠は何なのか

実績はどれくらいあるのか

お客様の声は

他社と比べてどう違うのか

価格は

申込みのやり方は?

よくある疑問点について

など

サービス購入の意思決定をするための

基本情報はもれなく記載しましょう。

また、

見やすい、わかりやすいことも重要です。

 

同じ様な情報を繰り返して記載して、かなり縦に長いランディングページなどは

離脱される恐れが高いです。強調したい、など明確な意図が無い場合は

同じ内容は繰り返さないようにしましょう。

 

また、全体の構成がよくわからないサイトも同様です

大項目、中項目、小項目と読んでいるうちに自然と理解できて

ランディングページの全体構成がつかめることが理想です。

今何の話だったか分らなくなったりするサイトは結構見られます。

 

③デザインの質

デザインの質も重要です。極端に素人感があると

この会社に任せて大丈夫だろうかと不安に思われてしまいます。

好意的に感じられるデザインか

おしゃれなデザインか

全体の雰囲気になんらかの統一性はあるか

ただしランディングページの制作は、普通のサイトの各ページに比べて

自由度が高いのが特徴ですので

ある程度変化があることは悪いことではありません。

 

色使いの美しさ、写真の美しさ、分かり易さも重要です。

あとはフォントのサイズのバランス

これは、PCサイトでは問題ないことが多いですが

スマホで見たときに、変に文字が大きく見える箇所があったりするので

気を付けましょう。大きくした文字は大きく

重要性が低いので小さく記載した文字は小さく

きちんと表示されているかはチェックしましょう。

 

デザインに意味がある

こういうと難しく聞こえますが

デザインというものは、文字の代わりに何かを説明しているものです。

デザインを置くことで、このデザインを置くことで

どのようなメッセージが伝わるか

そしてそれが適切かどうか考えましょう。

大きく外すことは少ないでしょうが、このデザインでいいのだろうか

もっとこういうデザインの方がいいのではないか

ということが発見できます。

 

メインビジュアルがいい

サイトに訪れた人はまずトップのメインビジュアルで、この先を読むか判断します。

トップのビジュアルがいいなと素直に思えるクオリティかどうか確認しましょう。

 

細かな部分にプロっぽさを感じるか

以外とこれが制作に重要です。

ちょっとした余白の幅や、文字の色味、影の幅、などで素人感が出たり

逆に洗練されたプロっぽさが感じられたりします。

やはり素人感があれば、そのサイトだけでなく事業全体の質も

低いと判断されることもあるでしょう。

実際はそうでなくても、見ている人はあくまでサイトを見て判断します。

この細やかなプロっぽさの演出は重要だと言えます。

 

以上が制作時の注意点にはなりますが

製作後のポイントについても簡単に触れておきます。

 

④広告運用

前述した通り、ランディングページは基本的に広告運用で無理やり集客させることが多いです。

あなたのサイトが、集客力が高く、トップページの流入が多い場合は、

わざわざお金を払って広告からランディングページに誘導するよりも、

トップページにリンクを貼ってそこからリンクさせることでも問題はありません。

しかし多くの企業はそこまでトップページの集客力がないため、広告運用に頼りことになります。

お金がかかるのは嫌ですが、例えば1万円広告費を払って10万円の売り上げになるのであれば

どんどん広告を打っても利益が出るだけなので広告費を惜しむ必要はありません。

しかし実際にはそんなに甘くないことが多いので

広告費を以上のメリットがあるのか微妙・・・

といった感じになる事が多いのですが

費用対効果を改善していけば、利益を出すことは十分可能です。

 

広告はグーグルのグーグル広告やヤフーのYahoo!プロモーション広告などを利用すればいいでしょう

詳しい話はここでは割愛しますが

ターゲットにあったkey word 広告文 を設定して

予算やエリアを決めて運用する形になります。

 

⑤事後の分析ですが

広告運用のサービスには分析サービスがあるので、そのサービスを利用して分析を行えます。

また、サイトの分析はグーグルのアナリティクスというソフトが無料で使用できるので、

それを使用して、日々のアクセスを分析するといいでしょう

 

最後にちょっとコマーシャル

LPの企画制作、サイト全般のサポートを行っております。

詳しくはコチラ⇒

googleアナリティクスの分析サービスも行っております。

興味のある方はコチラ⇒

Share
Share
Share