Marketing

マーケティング情報

小冊子の販促物を作成して売上アップ

小冊子の販促物を作成して売上アップ

小冊子の作成によって、売上アップに繋げるコツを掲載しています

▶小冊子を販促物として作成する上での可能性と課題

ここでは、販促物の一つである

自社について説明した小冊子の作成について、

可能性や工夫するポイントなどを解説していきます。

基本的に販促物初心者が手を付けるモノではないでしょう。

チラシなどを何度も作って改造している

しかしもっと一杯伝えたいことがあり

その内容もイメージはある。

という方はチャレンジしてもいかもしれません。

分量が多くなるので、慣れていないとかなり大変です。

 

理論的には

チラシなどよりも多くの情報を伝えられるので

より購買意欲を高め売上アップに繋げることはできます。

問題となるのは

印刷コストです

小冊子のデザイン制作、印刷まで考えると

時間もコストも結構かかります。

しかしコスト面については

 

・渡す人を限定する

(見込み度合い位の高い人に渡す)

・院内に数冊置いて、そこで読んでもらう

・購入者限定

等にすればいいでしょう。

 

例えば、宝石小売業などで、購入者限定で

デザインカタログの小冊子を作成し、プレゼントすれば

販促活動の一つとして、コスト的に見合う可能性は高いでしょう。

また、デザインが出来れば

サイト上でPDFデータでも見る事が出来るようにしてもいいでしょう

サイトに普通に情報を掲載するよりも

凝ったデザインにできる点がメリットです。

 

また、コンサルタントはPDFデータを無料でダウンロードできる代わりに

顧客情報を登録してもらうなどで、見込み客リストを集めていたりします。

顧客リスト獲得の手段として活用することもできます。

 

私の自社での活用で今検討中なのは

商談する際に、カンニングシートというか

提案内容などを絵や文字で記載した小冊子を作って

より商談をスムーズに進める。

そんな活用のできる小冊子を検討しています。

私の場合は、頻繁に変更する事が見込まれるため

作成したものは印刷はせずに、アイパッドにPDFデータとして保存して

活用しようと考えています。

 

以上より

小冊子は初心者向けではありませんが

活用の幅も広く、販促物として、可能性も大きいと思います。

▶小冊子を活用している他社の事例

他社の小冊子の活用効果を紹介すると

・小冊子は短時間で相手の信頼を勝ち取れるツールである。

・より専門家として認識してくれて、面倒な業者⇒良き相談相手としてみてくれる

・営業マンが複数いる場合、

各営業マンがその冊子を見ることで自信をもって営業が出来るようになった

・営業が楽しくなってきた

・自分がうまく伝えられない部分を、小冊子という販促物がうまく伝えてくれる

 

結果的に

・土下座営業 値引き営業の必要がなくなった

・成約率が2倍になった

・利益率が5%も上がった

やり方次第でかなり有効なツールと言えるかもしれません。

 

見せ方も工夫次第で

営業中に小冊子をさっと取り出して内容を確認すれば

何の本ですか?

と聞かれることも多いでしょう。

その時に

内容を説明してあげて

良ければ差し上げますよ

といって渡すと、印象的に渡すことが出来ます。

 

また、ある小冊子を、先着〇名様に差し上げますと記載して

新聞広告を行ったところ

数百の問い合わせがあったという事例もあるようです。

 

現在は、ネットであらゆる情報が手に入る時代になり、昔よりインパクトは薄いと思われますが

自分の興味のある専門知識が掲載された

信頼できる情報誌があれば

多くの人の興味を掴むことはできるでしょう。

一つのテーマで専門的な情報が掲載されているものは

大きな価値があります。

▶小冊子の販促物を作成する上での注意点

それでは小冊子の作成に関して

いくつかポイントを説明します。

 

★恥ずかしがらずに、控えめな表現はやめよう

謙虚過ぎたり、恥ずかしがって表現にブレーキがかかっていると、

インパクトは薄れます。少し大胆な気持ちで作成するといいでしょう。

 

★経営理念などを伝える

小冊子という販促媒体と、経営理念などのコンテンツは相性がいいでしょう。

コンセプト的な部分をしっかり伝えましょう。

 

★オーバータイトル

小冊子は、少し盛ったくらいのタイトルの方が、

読みたい気持ちを喚起できます。

実際に読んでみると内容が薄いのは問題ですが、

楽しく読み進められるようにしましょう。

 

★自己紹介手を抜かない。ここに共感(自己紹介 自己体験)が生まれる

共感を持ってもらうために、人間的な側面にも触れましょう。

 

★レベル下げて量を減らす、こつこつ増やしていく

いきなり大作を作るのはかなり困難です。

完璧を目指すことはやめて、まずは完成させることを重視しましょう。

 

★本文でセールスしない

小冊子の立ち位置は基本的には読んで役に立ててもらう、

楽しんでもらうなどになります。

読者もその前提で読み始めることが多いので、

売り込み臭が強いと、うんざりします。

本文ではセールスをしないようにしましょう。

 

★お客様の不明不満にこたえるもの

工事業者が秘密にしておきたい情報を小冊子にまとめました。

など、専門的な情報がつまった冊子は喜んでもらいやすいでしょう。

 

★お客様に、商品やサービスの必要性を理解してもらう

問題提起 問題の明確化 問題のさらなる掘り下げ 解決策の提示

証拠の提示 解決策の限定性 緊急性 具体的な行動の呼びかけ

などの論点で記載すれば、お客様がまだ気がついていない

必要性を喚起させることもできます。

ただし前述したように、売り込み臭がきつくならないように気をつけましょう。

 

最後にコマーシャルですが

小冊子の販促物作成に関してはサポートが可能です。

当サイトから直接は見えませんが

自分史作成サービスで冊子の作成も行っております。

デザインだけでなく、文面や構成などもコンサルティングできます。

興味があればサービスページをご覧ください。

Share
Share
Share