Marketing

マーケティング情報

集客できる繁盛サロンの条件チェック17~美容院 ネイルサロン エステサロン リラクゼーションサロン~

集客できる繁盛サロンの条件チェック17~美容院 ネイルサロン エステサロン リラクゼーションサロン~

繁盛サロンのチェック

▶繁盛サロンのチェックポイントをまとめています

この記事では、美容院・ネイルサロン・エステサロン・リラクゼーションサロンの、

繁盛店のチェックポイントをまとめています。

いろいろな著名な本や実体験をもとに、繁盛店に共通したチェックポイントを洗い出してまとめています。

複数の情報をもとにこれは間違いないな、ともうモノをまとめて作成していますので、

一つの参考として考えてもらえればと思います。

あまり重要ではないな、と思ったものや、本当にそうかな・・・と感じたものは除いています。

項目に分けて解説しています。

 

特に開業間もない場合は重要度が高いでしょう。チェックしてみましょう。

▶まずはじめに

他店ではなくあなたのお店を選ぶ理由を言えますか?

 

結構簡単そうで難しいのがこの議論です。

 

私は時々外食する際に、だいたい良くお店は決まっています。

そのお店に行く理由があります。

 

A店:価格が安いわりにかなりおいしい、

平日は待ってもそこまで混雑しない、

コーヒーもセットでついてくる、日替わりがあるので飽きない

 

他には

B店:価格は少し高いが大差はない、

独特の味付けで何度行ってもおいしいと実感できる

バラエティー豊富なので楽しめる

 

他には

C店:おしゃれな女性客が多く雰囲気がいい、価格が安い、

ビュッフェ形式なので食べたいときは

沢山食べられる、ドリンクも豊富、素材がよく味もおいしい、

パスタは大盛が出来る

 

私事でちょっと恥ずかしい気持ちがあったりしますが…

 

こういった理由がきちんとあって

それを考えると他店は大きく劣って見える為

だいたい行く店が同じになります。

 

このように、行くお店というのは

たまには偶然や気分があったとしても

基本的には理由があって、一番満足できることろを選びます。

 

同じように考えて

他の競合店ではなく、あなたのお店が選ばれる理由を言えますか?

これを自信を持って言えないようでは

なかなか選んでもらうのは難しいでしょう。

 

私自身はどうかというと

例えば私は販促物のデザインのサービスもやってますが

それで言えば

・普通に様々な販促物のデザインが出来る

に加えて

・マーケティングアドバイザーとして

様々なノウハウをお伝えできる

・様々な業界やサービスをしているので

広い視野でサポートできる

・価格も大手と比べるとかなり安い

などの付加価値を訴求することで

選んでもらえるようにしています。

 

選んでもらえる理由が見つからない方は

そういうことを考えるのが苦手な方が多いので

実は気が付いていないだけ

というケースも多くありますし

最悪は今から強味を作り出すための努力を日々蓄積すればどうにでもできます。

 

・自分の強みは何のか?

・その強みはどんな人が望んでいるか

・選ばれる理由が競合以上に強いものか

・それを望む人はたくさんいるか

 

このあたりがきちんと準備できれば

あなたのサービスは今以上に売れるようになるでしょう。

▶①誰に来てほしいかイメージする

美容院・ネイルサロン・エステサロン・リラクゼーションサロンごとに

得意なターゲット層は変わると思いますので

どんな人に来てほしいかはしっかりとイメージを持つ必要があります。

 

例えば きれいになるためには努力は怠らない

スポーツクラブに通っている

40歳に近づき、お腹周りのお肉が気になってきている

ご主人とは月に2度ほどディナーに行ってデートしている

ような女性

など

スタッフと冗談交じりに話すところからでもいいと思いますので

少しでも明確にするべきです。

 

勿論そのターゲットしか狙わないというわけではありません。

複数あって当然です。

これが重要である理由は

他の記事で説明しているのですが

 

ターゲットと利用動機が重要である理由はコチラ⇒

 

ターゲットが鮮明になれば

サイトの記事の書き方も変わるし

チラシの文面も変わります。

サービスの内容も少し変わります。

 

ターゲットがより満足を感じてもらうように変化していくので

より価値を感じてくれるようになるということが理由です。

繁盛サロンはこのあたりをしっかりと考えています。

▶②内装・備品が綺麗

繁盛サロンを見ているとほぼすべて

内装、備品などがとてもきれいです。

毎日綺麗にしているから、もう綺麗にしようがないくらいです。

 

逆にあまり売れてなさそうなサロンは

まれに明らかに汚いといか雑な時もありましたが

綺麗にすることは勿論心がけながらも、掃除が不十分なところが多いです。

掃除の重要性を語る書籍は山のようにありますが

掃除すら完璧に出来ないお店が繁盛するわけがない

ということなのでしょう

チェックしてみましょう。

▶③集客効果の高い看板である

特に美容院などはイメージが重要なので、

こってりとした広告臭のある看板を望まないもの分かりますが

看板を工夫することはやはり重要です。例えば女性の写真ばかりの看板だと

女性メインだと推測されたり、

男性が入りづらく感じたりします。

 

逆に言えば、どのような写真を掲載するかで集客する客層をコントロールできます。

値段を訴求しただけの看板も多くありますが 意味は大いにありますが、

もっと興味を持たせた方が集客できると思います。

オシャレさと看板の機能性を両立させればいいので

看板を再度検討してみてはいかがでしょうか?

別の記事で看板については解説していますが、

看板は繁盛サロンにするために非常に重要な集客ツールです。

 

繁盛店にするための看板の重要ポイントはコチラ⇒

 

いくつか美容院の看板の事例を紹介します。

●店内写真で安心してもらう

●ビフォーアフターで興味を引き付ける

●予約なしでもOKなどの文言で集客

●限定キャンペーンなどの訴求

▶④技術が 期待値以上であるか

繁盛サロンの多くは、技術がいいというところで満足せずに期待以上のことが

出来るかを重視している発言が多くあります。

あなたはお客様の期待以上のサービスを提供できていますか?

即答できる人は、人の何倍も努力を重ねている方だと思います。

 

期待以上のサービスを提供しようとする人は

その意思が発言や行動に現れます。

お客様もそれに気が付くので

この人は、他のお店よりもしっかり考えてくれている

と思って信頼してくれます。

▶⑤丁寧な施術であるか

例えば初対面のあいさつについて何度も検討していたり、

些細な部分が丁寧であるという事が重要です。

お客様の声などを集めたこともあるのですが、

施術の丁寧さを重視する声がそれなりにありました。

 

私事で恐縮ですが、私の通っていいる美容室で、

ある女性がシャンプーとマッサージを担当してくれたのですが

かつてないくらい丁寧にしてくれて、すごく感動しました。

流れ作業でやってしまいがちな部分でも、むしろ

流れ作業でやってしまいがちな部分だからこそ、丁寧だとすごく評価してしまいます。

話し出すと長くなりそうなので、ここでやめておきます。

▶⑥施術のこだわりは口に出しているか

美容院であればカットのこだわりを口に出して伝えている

なぜここを切るのか なぜこの部分を軽くするのか

この点は多くの繁盛店が言っていることです

いろいろな工夫や、技術の違いをしっかり説明するという事ですが

料理もこだわりを聞くとよりおいしく感じるように

施術についてもこだわりは表現するようにしましょう。

▶⑦トークが心地いいか

美容院・ネイルサロン・エステサロン・リラクゼーションサロン共通していますが

女性は共感 男性はほめる

というのは基本中の基本ですが

いかに言葉を使って、相手に気持ちいい時間の過ごしてもらうかも重要です。

 

現実問題たまに質の悪いお客さんもいますが

それを愚痴ったりふてくされているようでは3流の域から出ることはないでしょう。

自分を変えて相手も変えましょう。

 

この辺りの事はテクニック面もあるとは思いますが

その人が今までどれくらい人の気持ちを考えて、人の気持ちを読み取ろうとして

生きてきたかにもよると思います。

細やかな感情を察知できる事は接客業では特に重要でしょう。

▶⑧次回予約をうまくとれているか

リピーター確保の重要性は説明するまでもないかもしれませんが

いかに次回予約を決めるかが重要です。

ネイルサロンでは次回予約をしてくれればで10%OFFはよくありますが 

次回予約されますか?ではなく次回はいつにしましょうかというテクニックもあります。

▶⑨カルテ情報を蓄積しているか

そもそも繁盛サロンはカルテを生涯資産と考えています。 

独自のフォーマットで大切に管理しています。

 

カルテ管理をあまり頑張りすぎるなという意見もありますが、

それは続かないよりはまし、ということ

または、それをすることで満足してしまったり、無駄な時間をかけすぎても問題である、

という観点での意見だと思われます。

いづれにせよ美容院・ネイルサロン・エステサロン・リラクゼーションサロンで

カルテは重要でないとする意見はありません。

 

顧客リストは時々眺めているだけでも

ここがうまくいった、とか、ここをもっと改善すればよさそうだ

今度はこの提案をしてみよう

といったように、眺めるだけでも何か発見があったりするので

すぐに確認できるようにして、定期的に見直しましょう。

▶⑩明らかに問題のある人には辞めてもらう

サロンのスタッフについて

明らかに変な人には辞めてもらえ、という意見があります。

 

残酷なイメージの意見になりますが、いくつかの書籍でも言われています。

こちら側の不当な理由であれば法律違反になりますが

明らかにこちらに理があるのであれば、やめてもらうことも必要かもしれません。

問題のあるスタッフが辞めることで、残ったスタッフが成長する

お客さんの信頼が回復する

など、多くのメリットはあるでしょう。

 

当たり前ですが、スタッフを大切にできないサロンが繁盛する事はないので

まずは自分が出来る事を考えて、誠意を尽くすことは必要です。

▶⑪自社サイトなど

自社サイトや替わりのホットペッパービューティなどは

お客様の感想や 記事 積み上げなどで育成できる媒体です

どんどん集客力は上がっていくので

繁盛サロンは確実に積み上げています。

お客様の感想が一つ増えるだけでも、集客力は0.1%上がっている

そのような考え方が出来ない人は、集客力を上げることは困難でしょう。

 

繁盛しないお店の特徴として

いろんなことに手を出すが、1回失敗したくらいで撤退し

積み重ねる・蓄積するという考え方がない場合が多いです。

繁盛店はほぼ例外なく、様々なチャレンジをして

様々な失敗もして、成功を掴むパターンです。

 

チャレンジしない人は、その土俵にも上がれていないことを

自覚するべきでしょう。

▶⑫営業での集客も試してみる

泥くさいですが、営業活動も集客効果が見込まれます。

 

●福利厚生の一環として、そのお店の従業員に50%OFFで施術がうけられるようにする。

  お店側、当店側それぞれ25%ずつ負担を折半する

●他店にチラシを置かせてもらう

●ただ訪問してチラシを渡す

 

などがあります。

私も飛び込み営業をすることもありますが

(最近はほぼネット集客ですが)

やったことがないのであれば、是非お勧めします。

たまに辛いこともありますが、きっといいことがたくさんあるでしょう。

▶⑬DMを継続している

繁盛サロンはDMやポスティングを継続しています。

あまり反応がないからやっていないという声もありますが

効果の出るように工夫すれば収支は合わせられるでしょう。

 

また、そもそも収支が合うか計算する際に

来店した客数×平均単価×粗利率×平均利用回数

で計算し収支が合うか、かつ他の集客案と比較した場合に

より効果的かを考える必要がります。

この計算がしっかりできていなければ

実は継続すれば業績は伸びていくのに、

それに気が付かずに辞めてしまうケースもあるのかもしれません。

計数管理はサロン経営にとって重要です。

▶⑭ブログなど書く際にはキーワードを意識しているか

ブログを根気よく継続する人は多くいますが

キーワードをきちんと意識して書いていますか?

キーワードを意識して書くのと書かないのとでは

かなり大きな差を生みます。

 

キーワードを意識するとは

レディースシェービングという言葉をタイトルに入れるなどのGOOGLE対策

という観点と

2017年トレンドネイルTOP10という言葉でユーザーに興味を抱かせるという

ユーザー目線の対策に大きく分かれます。

片方に頼って集客を狙っても限界があるでしょう。

▶⑮SNS FBなどを活用しているか

やはりSNSを活用しているほうが有利です。

空き情報を流すだけで、今日施術したい人をうまく取りこめたり

活用次第でいろいろな販促が出来ます。

 

お客様と記念撮影をしてFBに掲載するなど

積極的に活用していく姿勢がないと

SNSはただ始めるだけでは集客効果は見込まれません。

楽しみながら継続しましょう。

▶⑯データを分析している

一人オーナーでそれほど件数もなければ、状況を把握できますが、

複数スタッフ、件数が膨大などで把握できていない場合に

データで分析することがより重要になってきます。

分析と言ってもそれほど高度な分析は必要ありません

基本的な数字とその推移を確認することがまず必要です。

繁盛店はしっかりデータを見ています。

 

データを分析することで何の得があるのか?

データで見ることで、異常値を発見して、解決策を練ることが出来たりします。 

あとはどこが効率的か分かります。

例)パーマの利用率が急に下がっている スタッフに確認 原因判明し改善

例)○○エリアのチラシの反応率が良かった 今後は当エリア内を定期的に配布

サロンの各データをチェックしてみましょう。

 

エクセルを使いこなせるようになれば

データ分析はどんどん出来るようになります。

しかもデータ加工のスキルが上がるほど

日々の事務処理業務の効率化もできます。

▶⑰値引きはダメ

美容院・ネイルサロン・エステサロン・リラクゼーションサロンにおいて

値引きで集客をしてしまうと、値引き目当ての客ばかりが集まってリピートもされず

収益も上がらないと様々な方が言っています。

そういう客は捨てろ、ときつい調子で論じる人もいます。

 

確かに、安けりゃいいと思っている客層と、そうではない客層は明確に存在します。

修業時代であれば、安さを売りに集客する時期があってもいいと思いますが 

いつか卒業しないといけないでしょう。

しっかりとした固定客が生み出す売り上げの差は年間1000万円というところもあるほどです。

▶最後に

一つ追加です。

グーグルマップにあなたのお店が検索に上がるか?

そのためにグーグルマイビジネスに登録しているか?

登録しているだけでなく

内容をしっかり更新できているか?

 

これも結構重要なのでお伝えしておきます。

しかもこの方法はコストはかかりません。

 

いろいろノウハウはありますが

まずは登録画面でできる事を把握して

しっかり更新していけばまずはOKです。

 

あなたは繁盛サロンの要素をどれくらい満たしていましたか?

出来ていない部分があれば、これを機に早速考えてサロン経営をより強化しましょう。

 

ちょっとコマーシャル

マーケティングのコンサルティングや販促物全般のデザインのサービスを行っています。

 

コンサルティングについてはコチラ⇒

販促物デザインについてはコチラ⇒

Share
Share
Share