Marketing

マーケティング情報

繁盛整骨院・鍼灸院の経営改善のチェックポイント 先生として見られているか

繁盛整骨院・鍼灸院の経営改善のチェックポイント 先生として見られているか

繁盛整骨院・鍼灸院の経営改善 先生として見られているか

どう見られているかは非常に重要

表現が少し乱暴な感じになってしまいますが

患者の顔色をうかがうのではなく、先生という確固たる立場で患者さんに認めてもらえていることが重要

 

また、

多少強引だったり、毒を持っているかという事が重要だという意見もあります。

これには共感するところがあります。

そう思う理由としましては

専門家に頼る人というのは

めんどくさい、分からない、不安、だからお願いしている。

(そうでなければ、専門家に依頼しない

自分で調べて自分で出来る事をすると思います)

ですので、癖や毒のある先生であっても、どんどん改善の為に進めてくれるのであれば

一番の目的が達成されるのだから

そのほうが魅力的に映るように思えるからです。

 

こんな意見もあります。

繁盛しない治療院は

気持ちよかった、と言ってもらいたい

たくさん施術してあげたい

たぶん、おそらく、だいたいという言葉をよく使う

次回はいつ来院できますかと聞く

ココ揉んでくださいといわれる

 

金持ち治療院は

治ったと言ってもらいたい

最短で結果を出したい

次回はいつ来てくださいと言う

 

これも本質的には同じような話になるかと思います。

患者の治療の為に自信をもってリーダーシップを取れない

と信頼されない。結果、価値は上がらない

という事でしょう。

主導権を握れずに信頼関係など生れないという人もいます。

 

このあたりを、すぐに変えることは難しいでしょうが

心あたりのある方は、少し考えてみてもいいかと思います。

当然ですが、表面だけ強気でいったも無理でしょう。

 

先生と認められるほど、呼ばれるほど価値は上がる

形から入るとすれば

白衣は当然

普段着も同じですが

見た目で凄そうに見せる

勿論高価なものではなく、よりスマートに見せる工夫も大切でしょう。

患者さんの顔色を気にしてしまってばかりの人は

スタンス自体をみなしてもいいかもしれません。

Share
Share
Share